PINK PINK CANDY


イメージしたのは、甘い、甘い、甘すぎるキャンディ。

 

それはまるで、毒と間違えるほどの、甘いキャンディ。

 

毒々しいほどのピンクに彩られた夜は、甘いキャンディで。